yトピックパス
HOME
Student, researcher list
WAKAMOTO Takuro Profile
若本 拓朗(ワカモト タクロウ)WAKAMOTO Takuro
  • 生命科学研究科 / Life Sciences
  • 生命科学/Life Sciences
  • 博士後期

プロフィールProfile

氏名Name

氏名(漢字)Name 若本 拓朗
氏名(カナ)Name (in katakana) ワカモト タクロウ
氏名(英字)Name (in English) WAKAMOTO Takuro

所属・出身研究科Name of Graduate School the Student/Researcher Belongs to or Graduated from

所属部院・回生 and 現在の職位Name of college or graduate school the student or researcher belongs to, Year level, Cureent position 博士後期/
所属・出身研究科/専攻/専修・領域・型Name of graduate school the student or researcher belong to or graduated from, Major, Major or field or type 生命科学研究科 / Life Sciences
生命科学/Life Sciences
指導教員名Name of doctoral adviser 北原亮

自己PR・研究紹介Self Promotion, Research Profile

自己PR・研究紹介Self promotion, Research profile 蛋白質は生体分子の中で中心的な役割を果たすため、生命現象の理解や創薬、治療法の開発においては重要なターゲットになります。蛋白質の研究は、「化学」「生物」「物理」を含めた様々な分野を巻き込みながら広がりつつあります。我々は、生命現象の理解、疾病メカニズムの理解を中心にして、創薬や治療法の開発へと応用展開したいと考えています。
(生体分子構造学研究室HP)
http://www.ritsumei.ac.jp/pharmacy/kitahara/kitahara_lab.html

技能・スキルSkills

技能・スキルSkills

研究分野Research Field

研究分野Research field 生物学/Biology/生物科学/Bilogical science/生物物理学/Biophysics

現在の主な研究テーマPresent Research Theme

研究テーマResearch theme高圧力NMR法によるユビキチン変性中間体の立体構造解析
研究キーワードKey words of researchユビキチン 高圧力NMR法 高エネルギー状態 変性中間体
研究テーマResearch theme高圧力NMR法によるライム病関連蛋白質 Outer Surface Protein A の局所変性状態の立体構造解析
研究キーワードKey words of research高圧力NMR法 ライム病  OspA 変性中間体

志望進路Desired Career

志望進路先Desired career
学籍終了年月日Date student status ended

個人のホームページ・ブログPersonal Website/Blog

個人のホームページ・ブログPersonal website/blog