yトピックパス
HOME
Student, researcher list
Research Achievements
藤本 美貴(フジモト ヨシタカ)YOSHITAKA FUJIMOTO
  • 社会学/Sociology
  • 応用社会学/Sociology
  • 博士後期
  • 修了/Completion

研究業績Research Achievements

著書Books

論文Papers

査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
共著区分Individual/joint単著/Individually authored
著者名Name of author黎明期家族臨床研究をめぐる認識論的意義とその応用可能性 ――Bateson、Laing & Esterson、そしてアダルト・チルドレンを通じて――
著者の所属職位Positions of author affiliation
論文名Title of paper博士学位論文(立命館大学)
掲載誌名Name of journal博士学位論文(立命館大学)
発行所Name of publisher立命館大学
印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
巻(号)Volume巻(号)
開始ページ~終了ページIssueP.~P.
発行年月日Date published2015. 3.31(平成27年 3月31日)
リンクLinks
    査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
    共著区分Individual/joint単著/Individually authored
    著者名Name of author藤本美貴
    著者の所属職位Positions of author affiliation社会学研究科 博士後期課程
    論文名Title of paper心的外傷研究をめぐる新たな認識的問題 ――DSM-5に至るまでの概念史的追究を通じて――
    掲載誌名Name of journal立命館産業社会論集
    発行所Name of publisher立命館産業社会学会
    印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
    巻(号)Volume50巻(3号)
    開始ページ~終了ページIssueP.129~P.143
    発行年月日Date published2014.12.20(平成26年12月20日)
    リンクLinks
    査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
    共著区分Individual/joint単著/Individually authored
    著者名Name of author藤本美貴
    著者の所属職位Positions of author affiliation社会学研究科 博士後期課程
    論文名Title of paper【文化】という観点から浮かび上がる、アダルト・チルドレンたちの苦痛の本質 ――役割自我・甘え・世間をキータームとして――
    掲載誌名Name of journal社会臨床雑誌
    発行所Name of publisher日本社会臨床学会
    印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
    巻(号)Volume22巻(3号)
    開始ページ~終了ページIssueP.43~P.62
    発行年月日Date published2015. 2.20(平成27年 2月20日)
    リンクLinks
      査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
      共著区分Individual/joint単著/Individually authored
      著者名Name of author藤本美貴
      著者の所属職位Positions of author affiliation
      論文名Title of paper心的外傷理論としてのダブル・バインドの再構成 ――「自己―確証」と「抽象性」をキータームとして――
      掲載誌名Name of journal立命館産業社会論集
      発行所Name of publisher立命館産業社会学会
      印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
      巻(号)Volume49巻(2号)
      開始ページ~終了ページIssueP.105~P.117
      発行年月日Date published2013. 9.20(平成25年 9月20日)
      リンクLinks
      査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
      共著区分Individual/joint単著/Individually authored
      著者名Name of author藤本美貴
      著者の所属職位Positions of author affiliation
      論文名Title of paper「道徳的マゾヒズムmoral masochism」への多角的アプローチ
      掲載誌名Name of journal『立命館大学社会学研究科修士論文選集』
      発行所Name of publisher立命館大学産業社会学会
      印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
      巻(号)Volume3巻(号)
      開始ページ~終了ページIssueP.37~P.58
      発行年月日Date published2009.10.10(平成21年10月10日)
      リンクLinks
        査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
        共著区分Individual/joint単著/Individually authored
        著者名Name of authorYoshitaka Fujimoto
        著者の所属職位Positions of author affiliation
        論文名Title of paperThe Consideration of 'moral masochism' and 'ambivalence'
        掲載誌名Name of journalTowards a Sustainable Society with Hope and Security
        発行所Name of publisherRitsumeikan University Graduate School of Sociology, International Graduate Student Conference
        印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
        巻(号)Volume1巻(号)
        開始ページ~終了ページIssueP.3~P.15
        発行年月日Date published2009. 1. 6(平成21年 1月 6日)
        リンクLinks

          学術雑誌等または商業誌における解説・総説Commentaries in Academic or Commercial Journals

          査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
          共著区分Individual/joint単著/Individually authored
          著者名Name of author藤本美貴
          論文名Title of paper「都市」「大学」という垣根を越え、地域に寄り添い学ぶこと ――農山村に暮らす、ある農業関係者の苦悩と「誇り」を背景に――
          掲載誌名Name of journalねっとわーく京都
          発行所Name of publisherNPO法人 ねっとわーく京都21
          印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
          巻(号)Volume202巻(号)
          開始ページ~終了ページIssueP.81~P.84
          発行年月日Date published2013. 6. 8(平成25年 6月 8日)
          リンクLinks
            査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
            共著区分Individual/joint共著/Jointly authored
            著者名Name of author髙嶋正晴・景井充・中西典子・藤本美貴・宮内達朗・山田大地・塩見直紀
            論文名Title of paper「フロンティア・デザイン・フォーラム ――『クリエイティブ・ローカル』の時代を拓く―― 」
            掲載誌名Name of journal立命館産業社会論集
            発行所Name of publisher立命館産業社会学会
            印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
            巻(号)Volume50巻(2号)
            開始ページ~終了ページIssueP.163~P.180
            発行年月日Date published2014. 9.20(平成26年 9月20日)
            リンクLinks

            国際学会発表International Conference Presentations

            国内学会発表Domestic Conference Presentations

            査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
            発表形態Presentation style口頭発表/Oral
            単独・共同Individual/joint単独/Individual
            報告者名Name of presenter藤本美貴
            題名Title of presentation新局面を迎えた心的外傷概念、その認識上の変容と課題―DSM-5およびダブル・バインド理論を参照に―
            発表学会名Name of conference第17回日本精神医学史学会 学術講演会
            場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)東京都 東京慈恵会医科大学
            報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
            報告年月日Date of presentation2013.11. 9(平成25年11月 9日)
            リンクLinks
              査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
              発表形態Presentation style口頭発表/Oral
              単独・共同Individual/joint単独/Individual
              報告者名Name of presenter藤本美貴
              題名Title of presentationR.D.レイン家族研究における、認識方法をめぐる理論的転調 ――“comprehension”から“intellection”へ――
              発表学会名Name of conference唯物論研究協会 第33回大会
              場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)東京都・一橋大学
              報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
              報告年月日Date of presentation2010.10.17(平成22年10月17日)
              リンクLinks
                査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
                発表形態Presentation style口頭発表/Oral
                単独・共同Individual/joint単独/Individual
                報告者名Name of presenter藤本美貴
                題名Title of presentationダブル・バインド理論をめぐる病因論としての難点とその克服
                発表学会名Name of conference唯物論研究協会 第34回大会
                場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)北海道・札幌大学
                報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
                報告年月日Date of presentation2011.10.16(平成23年10月16日)
                リンクLinks
                  査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
                  発表形態Presentation style口頭発表/Oral
                  単独・共同Individual/joint単独/Individual
                  報告者名Name of presenter藤本美貴
                  題名Title of presentationダブル・バインドにおける「逃避不可能性」の構造、およびその深淵
                  発表学会名Name of conference日本社会学理論学会 第6回大会
                  場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)東京都・東京女子大学
                  報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
                  報告年月日Date of presentation2011. 9. 4(平成23年 9月 4日)
                  リンクLinks

                    シンポジウム等における発表Presentations at Symposium, etc.

                    国際・国内International/domestic国際/International
                    単独・共同Individual/joint単独/Individual
                    報告者名Name of presenterYoshitaka Fujimoto
                    題名Title of presentationThe Consideration of 'moral masochism' and 'ambivalence'
                    シンポジウム等の名称Name of symposium, etc.Ritsumeikan University Graduate School of Sociology International Graduate Student Conference
                    場所(国・都市・施設名等)Place (country, city, organization)Ritsumeikan University, Kyoto, Japan
                    報告年月日Date of presentation2008. 3.29(平成20年 3月29日)
                    リンクLinks

                      特許Patents

                      受賞歴Awards and Prizes

                      その他の研究業績Other Research Achievements

                      その他の研究業績Other research achievements【共同研究成果報告書】
                      ◆藤本美貴・宮内達朗・高嶋正晴・中西典子・景井充, 2015, 「中山間地域の社会的・経済的持続可能性に関する研究:先進プロジェクト研究SC 平成26年度成果報告書」, 立命館大学大学院社会学研究科(http://www.ritsumei.ac.jp/gsss/research/activities/advanced.html/ より閲覧可能).
                      ◆藤本美貴・山田大地・宮内達朗・高嶋正晴・景井充・中西典子, 2014, 「中山間地域の社会的・経済的持続可能性に関する研究:先進プロジェクト研究SC 平成25年度成果報告書」, 立命館大学大学院社会学研究科(http://www.ritsumei.ac.jp/gsss/research/activities/advanced.html/ より閲覧可能).
                      ◆景井充・高嶋正晴・藤本美貴・山田大地・野口陽平・鳥居汐音・宮内達朗, 2013, 「中山間地域の社会的・経済的持続可能性に関する研究:先進プロジェクト研究SC 平成24年度成果報告書」, 立命館大学大学院社会学研究科(http://www.ritsumei.ac.jp/gsss/research/activities/advanced.html/ より閲覧可能).
                      ◆景井充・高嶋正晴・中西典子・藤本美貴・野口陽平・山田大地, 2012, 「中山間地域の社会的・経済的持続可能性に関する研究:先進プロジェクト研究SC 平成23年度成果報告書」, 立命館大学大学院社会学研究科(http://www.ritsumei.ac.jp/gsss/research/activities/advanced.html/ より閲覧可能).