yトピックパス
HOME
Student, researcher list
Research Activities
飯塚 隆藤(イイヅカ タカフサ)TAKAFUSA IIZUKA
  • 文学/Letters
  • 人文学/Humanities
  • 地理学/Geography
  • その他/Other
  • 博士後期
  • 修了/Completion

研究活動Research Activities

研究テーマResearch Theme

研究テーマResearch theme地理情報システムを用いた近代日本の河川舟運に関する歴史地理学的研究
研究キーワードKey words of research河川舟運,河岸,盛衰過程,近代日本,HistoricalGIS
研究概要Research outline<研究目的>
近代日本の河川舟運は、産業化や殖産興業政策により明治前期には最盛期を迎えたものの、明治半ば以降、鉄道の普及や陸上交通の発達、河川改修などの影響によって徐々に衰退していった。しかし、地域によって産業化や鉄道敷設のタイムラグが存在するため、河川舟運は衰退時期が異なり、東京や大阪、京都などの都市部では、昭和初期や戦後まで続いているケースもみられる。特に河川舟運の変遷について、明治から戦後にいたるまでの時系列で捉えた研究は少ない。
本研究では、まず、全国レベルで近代日本の河川舟運の変遷を明らかにすることを目的とする。対象地域を全国に設定することで、河川舟運の変遷についての類型化(一般化)をすることを目指す。次に、全国レベルで議論する一方、地域レベル、とりわけ、昭和初期においても河川舟運が行われていた関東・濃尾平野・関西に着目し、河川舟運の変遷と地域の変化との関係性を明らかにする。全国レベルと地域レベルの2つの視点から、近代日本の河川舟運の変遷を明らかにしたい。

<研究方法>
研究手法として、地理情報システム(GIS)を用いることで、全国レベルでの大量なGISデータを処理し分析することが可能となる。具体的には、河川舟運の変遷を明らかにするための船舶データと河岸データ、河川データをGIS化し、近代日本の河川舟運GISデータベースを構築する。
まず、明治期の統計資料である『共武政表』および『徴発物件一覧表』と、大正期以降発刊されている『府県統計書』から船舶データを作成する。船舶データの作成にはMicrosoft Excelを用いてデータ入力する。次に、明治末期に発行された5万分の1の旧版地形図と河川台帳などから、ESRI社のArcGISを用いて、河岸および河川データを作成する。これらの作業に加えて、フィールドワークや資料収集、聞き取りを行う。

<研究内容>
  近代日本の河川舟運GISデータベースを構築することで、河川舟運の変遷についての類型化(一般化)が可能となる。また、本データベースは、全国レベルでの河川舟運の変遷だけでなく、地域レベルの変遷も明らかにできるものと考えられる。本研究では、地理情報システムを用いることで、河川ごとの河川舟運の特徴や河岸間のネットワーク分析など、従来の研究では得られなかった新たな知見を見い出せるものと期待できる。
リンクLinks

    共同研究・プロジェクトJoint Research/Projects

    院生プロジェクト・研究会Graduate Student Projects/Study Groups

    留学・海外研究歴Study Abroad/Overseas Research Experiences

    渡航先(国) 渡航先(都市)Location (country, city)United Kingdom London,Birmingham,Manchester,Chester,Liverpool,Cambridge,Oxford
    渡航先(機関)Location (institution)SOAS University of London
    渡航目的PurposeI have studied on preservation and utilisation of major canal network on England. Concretely, I investigated utilisation, locks, mooring boats of the canal in Regent 's Canal, Birmingham Canal, Manchester Ship Canal, Rochdale Canal and so on. In addition, at the SOAS Library and British Library, I have collected a lot of mate rials (books, papers, statistics) of transportation of canals.I have constructed GIS database of utilisation, locks, mooring boats of the major canal on England. Also I created a map of the transition of the canal in England. This achievement could be suggested for the Historical GIS project and canal's researchers, and I can provide a new attempt.
    渡航開始年月日
    ~渡航終了年月日Start date ~ End date
    2012. 1.20(平成24年 1月20日)~2012. 3.27(平成24年 3月27日)
    渡航先(国) 渡航先(都市)Location (country, city)United Kingdom London,Gloucester,Bristol,Bath
    渡航先(機関)Location (institution)City University London
    渡航目的PurposeI have surveyed about utilization of major canal network in England. Concretely, I investigated utilization, locks, mooring boats of the canal in Regent 's Canal, River Thames, Gloucester & Sharpness Canal, River Avon, Avon & Kennet Canal and so on.
    渡航開始年月日
    ~渡航終了年月日Start date ~ End date
    2013. 2.28(平成25年 2月28日)~2013. 3.14(平成25年 3月14日)

    インターンシップ歴Internship Experiences

    所属学会Affiliated Academic Societies

    所属学会名Affiliated academic societies日本地理学会,人文地理学会,歴史地理学会,地理情報システム学会,日本国際地図学会,交通史学会

    学内奨学金・研究助成金獲得状況Internal Scholarships/Research Grants Received

    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2011年度~2011年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant研究奨励奨学金(奨学金A)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2014年度~2014年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant研究奨励奨学金(奨学金A)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2012年度~2012年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant研究奨励奨学金(奨学金S)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2013年度~2013年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant研究奨励奨学金(奨学金S)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2010年度~2010年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grantグローバルCOEプログラム奨励奨学金(奨学金B)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2010年度~2010年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grantグローバルCOEプログラム奨励奨学金(奨学金C)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2015年度~2015年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant研究奨励奨学金(A給付)

    学外奨学金・研究助成金獲得状況External Scholarships/Research Grants Received

    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2009年度~2009年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant財団法人日本科学協会 平成21年度笹川科学研究助成
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2010年度~2010年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant財団法人日本科学協会 平成22年度笹川科学研究助成
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2012年度~2012年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant平成24年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費)
    開始年度~終了年度Start year of scholarship/grant ~ End year of scholarship/grant2013年度~2013年度
    奨学金・助成金名称Name of scholarship/research grant平成25年度科学研究費補助金(特別研究員奨励費)

    外部資金獲得状況Outside Funding Acquired

    学会・社会における活動Activities in Academic Societies/Social Activities

    学会・社会における活動Outline of activities<学会>
    交通史学会 常任委員(2014年5月~)

    <社会活動>
    第3回京都府鴨川府民会議メンバー(2012年4月~2014年3月)
    第4回京都府鴨川府民会議メンバー(2014年4月~2016年3月)
    高瀬川会議メンバー
    特定非営利活動法人 京町家なんでも応援団・理事(2013年7月~)
    一般財団法人 長谷川歴史・文化・交流の家・理事(2015年4月~)
    リンクLinks