yトピックパス
HOME
Student, researcher list
Research Achievements
有村 直輝(アリムラ ナオキ)ARIMURA Naoki
  • 文学/Letters
  • 人文学/Humanities
  • 哲学/Philosophy
  • 博士後期
  • 3回生

研究業績Research Achievements

著書Books

論文Papers

査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
共著区分Individual/joint単著/Individually authored
著者名Name of author有村直輝
著者の所属職位Positions of author affiliation
論文名Title of paperホワイトヘッドにおけるコントラストについて
掲載誌名Name of journal立命館哲学
発行所Name of publisher立命館大学哲学会
印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
巻(号)Volume26巻(号)
開始ページ~終了ページIssueP.19~P.41
発行年月日Date published2015. 3.21(平成27年 3月21日)
リンクLinks
    査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
    共著区分Individual/joint共著/Jointly authored
    著者名Name of authorアナ・ホナッカー 翻訳=有村直輝、柳川耕平
    著者の所属職位Positions of author affiliation
    論文名Title of paper不確かな可能性にもとづいた生
    掲載誌名Name of journal文明と哲学
    発行所Name of publisher日独文化研究所
    印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
    巻(号)Volume巻(8号)
    開始ページ~終了ページIssueP.223~P.242
    発行年月日Date published2016. 4.10(平成28年 4月10日)
    リンクLinks
      査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
      共著区分Individual/joint単著/Individually authored
      著者名Name of author有村直輝
      著者の所属職位Positions of author affiliation後期博士課程
      論文名Title of paperホワイトヘッド哲学における二種類の両立不可能性(incompatibility)
      掲載誌名Name of journalプロセス思想
      発行所Name of publisher日本ホワイトヘッド・プロセス学会
      印刷済・採録決定済Published/accepted for publication印刷済/Published
      巻(号)Volume巻(17号)
      開始ページ~終了ページIssueP.25~P.37
      発行年月日Date published2016. 9. 5(平成28年 9月 5日)
      リンクLinks

        学術雑誌等または商業誌における解説・総説Commentaries in Academic or Commercial Journals

        国際学会発表International Conference Presentations

        査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
        発表形態Presentation style口頭発表/Oral
        単独・共同Individual/joint単独/Individual
        報告者名Name of presenterNaoki Arimura
        題名Title of presentationMerleau-Ponty's Understanding of Whitehead; through Raymond Ruyer
        発表学会名Name of conferenceThe 11th International Whitehead Conference
        場所Place (country, city, organization)Portugual, Ponta Delgada, Azores University
        報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
        報告年月日Date of presentation2017. 7.25(平成29年 7月25日)
        リンクLinks
          査読の有無Refereed/non-refereed査読無/Non-refereed
          発表形態Presentation style口頭発表/Oral
          単独・共同Individual/joint単独/Individual
          報告者名Name of presenterNaoki ARIMURA
          題名Title of presentationThe Fragility of Beauty in Whitehead and O.Becker
          発表学会名Name of conferenceConference at Research center for intercultural phenomenology
          場所Place (country, city, organization)Japan,Kyoto, Univ. of Ritsumeikan
          報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
          報告年月日Date of presentation2016. 7. 3(平成28年 7月 3日)
          リンクLinks

            国内学会発表Domestic Conference Presentations

            査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
            発表形態Presentation style口頭発表/Oral
            単独・共同Individual/joint単独/Individual
            報告者名Name of presenter有村直輝
            題名Title of presentationホワイトヘッド哲学における両立不可能性(incompatibility)について
            発表学会名Name of conference日本ホワイトヘッド・プロセス学会
            場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)北海道大学
            報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
            報告年月日Date of presentation2015. 9.20(平成27年 9月20日)
            リンクLinks
              査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
              発表形態Presentation style口頭発表/Oral
              単独・共同Individual/joint単独/Individual
              報告者名Name of presenter有村直輝
              題名Title of presentationホワイトヘッドにおけるコントラストの概念について
              発表学会名Name of conference立命館大学哲学会
              場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)京都・立命館大学衣笠キャンパス
              報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
              報告年月日Date of presentation2014.11. 1(平成26年11月 1日)
              リンクLinks
                査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
                発表形態Presentation style口頭発表/Oral
                単独・共同Individual/joint単独/Individual
                報告者名Name of presenter有村 直輝
                題名Title of presentation美学の基礎となる論理学―後期ホワイトヘッドの文献を手がかりとした一考察―
                発表学会名Name of conference日本ホワイトヘッド・プロセス学会
                場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)東京都・立正大学品川キャンパス
                報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
                報告年月日Date of presentation2016.10. 9(平成28年10月 9日)
                リンクLinks
                  査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
                  発表形態Presentation style口頭発表/Oral
                  単独・共同Individual/joint単独/Individual
                  報告者名Name of presenter有村 直輝
                  題名Title of presentationホワイトヘッドにおける神と両立不可能性
                  発表学会名Name of conference日本ホワイトヘッド・プロセス学会
                  場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)奈良県・天理大学
                  報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
                  報告年月日Date of presentation2017.10.15(平成29年10月15日)
                  リンクLinks
                    査読の有無Refereed/non-refereed査読有/Refereed
                    発表形態Presentation style口頭発表/Oral
                    単独・共同Individual/joint単独/Individual
                    報告者名Name of presenter有村 直輝
                    題名Title of presentationホワイトヘッドにおける理性と美学
                    発表学会名Name of conference関西哲学会
                    場所(都道府県・機関)Place (prefecture, organization)大阪体育大学
                    報告済・発表採択済Presented/accepted for presentation報告済/Presented
                    報告年月日Date of presentation2017.10.21(平成29年10月21日)
                    リンクLinks

                      シンポジウム等における発表Presentations at Symposium, etc.

                      国際・国内International/domestic国内/Domestic
                      単独・共同Individual/joint単独/Individual
                      報告者名Name of presenter有村 直輝
                      題名Title of presentationホメロスを聴くオデュッセウス――ホワイトヘッドの<芸術>概念について――
                      シンポジウム等の名称Name of symposium, etc.「芸術哲学の可能性―シェリング・ホワイトヘッド・メルロ=ポンティ―」(主催・立命館 暴力からの人間存在の回復研究会)
                      場所(国・都市・施設名等)Place (country, city, organization)日本・京都・立命館大学
                      報告年月日Date of presentation2017. 3. 5(平成29年 3月 5日)
                      リンクLinks

                        特許Patents

                        受賞歴Awards and Prizes

                        その他の研究業績Other Research Achievements

                        その他の研究業績Other research achievements立命館大学大学院学生研究会活動支援制度、採択プロジェクト「現代思想におけるトポロジー研究会」開催の藤岡俊博氏講演会「場所の贈与論――レヴィナスと利益の社会思想史」において代表質問者を務める。2015年3月2日、於・立命館大学衣笠キャンパス

                        立命館大学院生学生研究会活動支援制度、採択プロジェクト「現代思想におけるヘーゲル研究会」開催の三重野清顕氏講演会「ヘーゲルにおける理性と時間の歴史」において司会を務める。2016年2月26日、於・立命館大学衣笠キャンパス

                        ワークショップ「芸術哲学の可能性―-シェリング・ホワイトヘッド・メルロ=ポンティ―」(主催・ 立命館大学 暴力からの人間存在の回復研究会)において全体コーディネーターおよび提題者を兼務。2017年3月5日、於・立命館大学衣笠キャンパス。